体の健康に欠かせないアントシアニン{目が疲れていないか…}

目を大切にしよう

ブルーベリー

IT社会により、小学生でもスマホやタブレット、パソコンを使う時代で、昔に比べて目が酷使されています。そのため、近視などに悩む人は増えています。そんな中、アントシアニンは、視覚機能を改善する働きがあるため、非常に人気の成分として注目されています。一昔前までは、ブルーベリーが目に良いと言われていましたが、メカニズムなど調べていくと、ブルーベリーの中のビルベリーに多く含まれるアントシアニンが目に良いことが発見されました。今後も、アントシアニンの研究は続けられ、現代社会において、悲鳴をあげている目を大切に守り続けるものとして、需要は拡大されると予測されます。その中でも普段の食事では、なかなか多くのアントシアニンを摂取することは難しいため、サプリメントなどで摂取する人も今まで以上に増えていくことでしょう。

目が疲れた、もっとクリアに見えるようになりたいと言うことでアントシアニンの配合されたサプリメントなとを摂取している人も多くいます。アントシアニンは、視覚機能を改善する効果があります。しかし、そればかりに過信しすぎずことはよくありません。例えば、暗いところでスマホを操作したり、テレビを見たり、本を読んだり、目を酷使することを続けていては、目は悲鳴をあげてしまいます。そのためにも、目を酷使しないように気をつけなければなりません。コンタクトなどの使用期間を守ることも大切です。また、コンタクトやメガネもしっかりと定期的に度数があっているのかも点検が必要です。こういった、小さな積み重ね 目に優しいのです。その上でアントシアニンを摂取することが大切です。